行政書士の仕事
知的資産に関するもの

知的資産とは、財務諸表に出てこない経営資源(人材、技術、経営理念等)の総称で、企業競争力の源といえます。これら知的資産を把握し活用することで、会社の業績・価値を向上させるのが「知的資産経営」です。顧客や取引先、金融機関、従業員、株主等に会社の優れた部分を知ってもらうには、知的資産を可視化させた「知的資産経営報告書」の作成が必要になります。これは、営業ツールのほか、事業継承等にも活用できる書類です。
報告書作成に関するお悩みは、ぜひ行政書士にご相談ください。

言語や音楽、美術、建築、映画、写真、プログラムなど、著作物にかかわる様々な業務も行っています。各種申請や契約書の作成などはお任せください。

 

  • プログラム著作物・著作権等登録申請
  • 品種登録(種苗法)出願
  • 育成者権に係る契約書の作成及び登録申請
  • 回路配置利用権等登録申請
  • 知的資産経営報告書作成支援 等

著作権について

著作権とは、著作物を創作した著作者に付与される権利であり、「思想、感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」が保護の対象です。「創作的に表現したもの」が対象なので、例えばアニメや俳句を単に書き写したもの等は対象外となります。このようなものは「複製物」といい、著作物とは区別されています。
また、著作物に作品の上手下手は関係なく、幼児が描いた絵や作文、彫刻なども対象となります。一部の場合を除いては、著作権を保有する人の許諾を得ずに無断で著作物を利用することは許されません。

著作権は特許などの産業財産権とは異なり、登録などの手続きを行わなくても、著作物を創作した段階で著作者に著作権が自動的に付与されます。そのため、権利の取得に登録は必要ありません。一方、著作権の譲渡は当事者間の契約成立により有効となりますが、第三者は対抗できません。ただし、譲渡により権利を得た当事者が、著作権の譲渡があったことを文化庁に登録することで、第三者対抗要件を確保できます。また、第一発行日や公表日の登録申請を文化庁に対して行うことも可能です。
著作物がプログラムであれば、(財)ソフトウエア情報センターに創作日の登録を行うことができます。この登録により、第一発行日や第一公表日、創作日(プログラム)、さらには著作者名も含めて、法的に正しいものとして推定されます。著作権をめぐり争いとなった場合は、立証責任が軽減されるという利点があるため、将来的に法務リスクを軽減するためにも、著作権登録制度の活用をお勧めします。
小説や音楽などの著作物をペンネームなどの本名以外で公表した場合は、文化庁に実名登録をすることで、著作物の保護期間の終期が「公表から50年」から「死後50年」に延長されます。その他、出版権の設定登録、質権設定登録などもあります。

文化庁への著作権に関する登録申請については、行政書士が代理手続を行っています。詳しくは行政書士にご相談ください。

品種登録(種苗法)出願について

「新品種育成者の権利を保護したい」

◆品種登録(種苗法)出願について

植物を品種改良し新品種を育成した人は、農林水産省に品種登録の出願ができます。要件を満たし登録されることで「育成者権」が発生し、育成者権者はその登録品種の種苗や収穫物を独占的に利用することができるようになります。
新しい品種の登録許可を得るためには、以下の要件を満たす必要があります。

1. 区別性
既存品種と重要な形質で明確に区別できること。
2. 均一性
同一世代で、その特性が十分類似していること。
3. 安定性
増殖後も特性が安定していること。
4. 未譲渡性
出願日から1年さかのぼった日より前に、出願品種の種苗や収穫物を譲渡していないこと(外国での譲渡は、日本での出願日から4年[木本性植物は6年]さかのぼった日より前にしていない)。
5. 名称の適切性
品種の名称が、既存の品種や登録商標と誤認されるものではないこと。
また、育成者権は他人に譲渡することが可能で、利用権を設定することで使用料を受け取ることができます。
私たち行政書士は、品種登録の出願手続きや育成者権の譲渡などの各種契約書の作成、品種登録簿への利用権の登録申請を代行いたします。

 

オンライン相談室
無料相談会について
独立開業に関するもの
外国の方に関するもの
自動車に関するもの
建設業に 関するもの
法人・組合等をつくりたい時に
知的資産に関するもの
家を建てたい時に
権利義務事実証明等
社会・労働保険に関するもの
  • お近くの行政書士にお任せください
  • 無料相談会
  • 行政書士ADRセンター愛知
  • オンライン相談室
専門の行政書士を探す
会報最新号

愛知県行政書士会 会報 284号 (平成29年9月)

愛知県行政書士会 会報 284号 (平成29年9月)
支部紹介
一覧を見る
中央支部
名古屋市千種区、中区、名東区、東区
西北支部
名古屋市北区・西区
清須市・北名古屋市
西春日井郡豊山町
名古屋
支部
名古屋市中村区・中川区
港区
昭和支部
名古屋市昭和区・天白区・日進市・愛知郡東郷町
名南支部
名古屋市瑞穂区・熱田区・ 南区・緑区・豊明市
東名支部
名古屋市守山区・瀬戸市
尾張旭市・長久手市
尾張支部
春日井市・小牧市
尾北支部
犬山市・江南市・岩倉市・ 丹羽郡(扶桑町、大口町)
一宮支部
一宮市・稲沢市
海部支部
津島市・愛西市・弥富市
あま市・海部郡(大治町、蟹江町、飛島村)
知多支部
半田市・常滑市・東海市
大府市・知多市・知多郡(阿久比町、武豊町、東浦町、南知多町、美浜町)
岡崎支部
岡崎市・額田郡幸田町
豊田支部
豊田市・みよし市
西尾支部
西尾市
碧海支部
碧南市・高浜市・刈谷市
知立市・安城市
新城支部
新城市・北設楽郡(設楽町、東栄町、豊根村)
東三支部
豊橋市・豊川市・蒲郡市・田原市